2016年11月4日

公開前の下書き記事を第三者に確認してもらう事ができるプラグイン「Public Post Preview」を入れてみました【WordPress】


29898c1b293e574b972e09b2f2ceb634_s

WordPressで構築したサイトで、公開前にクライアントに記事の内容を確認してもらう必要が出ました。

通常WordPressでは下書き保存した記事はプレビューで確認する事ができますが、それは管理画面(ダッシュボード)にログインしている人だけ。

今回のクライアントは管理画面にアクセス権限を持っていないので、確認用のページだけ閲覧できるようにする必要があります。

そこで「Public Post Preview」というプラグインを導入しました。

スポンサードリンク

Public Post Preview

インストール方法

WordPressの管理画面 > プラグイン > 新規追加

に移動し、キーワードに「Public Post Preview」を入力し検索。

すると日本語で「外部確認」という名称のプラグインが出てくるので、これをインストールし、有効化をクリックすればインストール完了です。

設定管理画面はないので以下を見ても何も出てきません。

WordPressの管理画面 > 設定 >

設定方法

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-04-16-08-52

投稿または固定ページの新規追加を選択すると「公開」の部分に「外部確認を許可する」という項目が追加されています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-04-16-10-34

「外部確認を許可する」にチェックを入れるとURLが表示されるので、これをコピーして相手に知らせれば、記事の内容を確認する事ができます。

ちなみに「外部確認を許可する」にチェックを外すと、一度発行されたURLは無効になりアクセスしても閲覧できなくなります。

また当然ですが、公開された記事には必要なくなるので、発行できなくなります。


プロフィール

サムリ
  • サムリ
  • 埼玉県三郷市在住。フリーランス。小4と小1の男の子の父。ミニチュアダックス(10才)のモカを溺愛
  • 2016年10月現在月間12万PVの地域情報ブログ「三郷ぐらし」の編集長
個人アカウント


ブログ更新通知アカウント

週間人気記事ランキング

月別アーカイブ

リンク