2017年9月10日

馬を繋ぐための「首ひも」を求めてスライムのいる湿地バイオームへ【マイクラPE】#4


話が少し過去に遡ってしまうが、馬を繋いでおく為の「首ひも」を求めて湿地バイオームを探す旅に出た。

ボートを漕いで漕いで漕ぎまくり、奇跡的に湿地バイオームの発見に成功。

スポンサードリンク

首ひもにはスライムボールが必要

まず首ひもを作るにはスライムボールという素材が必要。

真ん中の緑色のボール状のものがスライムボール。スライムボール1個と糸4個で首ひも2個が完成する。

そしてそのスライムボールを入手するにはモンスターのスライムを倒すしかない。調べてみるとスライムが自然発生するのは湿地バイオームとの事。

湿地バイオームに到着するなりスライム登場

湿地バイオームに到着するなりスライム発見。

心の準備が全然出来ていない。弓で射抜こうと思っていたのに、いつのまにか石の剣握っている私。

左手に矢、右手に石の剣。全然意味がない。

あわてて剣で叩くと

分裂する!

分裂した小さいスライムをさらに叩くと、このようにスライムボールをドロップする。

柵に繋いでおけば逃げる心配がない

首ひもを持った状態で、馬に近づくと繋ぐ事ができ、さらに柵に繋いでおく事もできるようになる。これなら馬小屋がなくても馬が逃げる心配がない。

これでサドル、馬鎧、首ひもと、馬を飼育する環境が整ってきた。

後は厩舎の制作だ。家の改築を頑張らねば。


プロフィール

サムリ
  • サムリ
  • 埼玉県三郷市在住。フリーランス。小4と小1の男の子の父。ミニチュアダックス(10才)のモカを溺愛
  • 2016年10月現在月間12万PVの地域情報ブログ「三郷ぐらし」の編集長
個人アカウント


ブログ更新通知アカウント

週間人気記事ランキング

月別アーカイブ

リンク