2017年11月12日

革の馬鎧を染められる事を次男から教えてもらった【マイクラPE】#97


ふと厩舎を見ると、次男の馬がとんでもない色になっていました。

父ちゃん(以下、父):な、なんじゃこりゃー!青い色の馬っているのか?羊みたいに毛を染めているのか?

次男(以下、次):ふっふっふ、父ちゃん、カッコイイでしょうww 革の馬鎧を染めてるんだよ。

:なんと!革の馬鎧って染められるの?

というわけで、今回は次男から革の馬鎧を染める方法を教えてもらいました。

スポンサードリンク

大釜の作り方

まず大釜が必要になるのでクラフトしましょう。大釜は鉄の延べ棒(鉄インゴット)7個で作る事ができます。

革の馬鎧の染め方

大釜にバケツで水を注ぎます。

そこに好きな色の染料を入れると、、、

このように水が染まります。

そこに革の馬鎧を入れると

はい!ご覧の通り革の馬鎧が染まりました。

黒王号に付けてみたら

さっそく我が愛馬、黒王号に装着してみたら、真っ黒な毛色に赤が映えること、映えること。

素晴らしい!!というかこれだと黒王号ではなくて、三国志の英雄、呂布そして関羽が愛した名馬「赤兎馬」のように見えてきますねww

ともかく愛着のある馬には、似合いの色の馬鎧を装着させるべきですね。

頼むからデスポーンしないでくれよwww


プロフィール

サムリ
  • サムリ
  • 埼玉県三郷市在住。フリーランス。小4と小1の男の子の父。ミニチュアダックス(10才)のモカを溺愛
  • 2016年10月現在月間12万PVの地域情報ブログ「三郷ぐらし」の編集長
個人アカウント


ブログ更新通知アカウント

週間人気記事ランキング

月別アーカイブ

リンク