2018年5月31日

この旅の本命!埼玉県立自然の博物館に行ってきました【秩父長瀞日帰り旅行】#5


参考記事:合角ダムに立ち寄ってトイレ休憩と軽い社会科見学【秩父長瀞日帰り旅行】#4

この旅の大本命、埼玉県立自然の博物館に到着しました。

スポンサードリンク

アクセス 埼玉県立自然の博物館

場所はこちら。水汲みをした毘沙門水から車で約30分ほどの所になります。

近くに上長瀞駅があり、駅から徒歩4〜5分の場所です。

無料駐車場が用意されていますが、この日はGWという事もあり満車。しかし臨時でおとなりの長瀞幼稚園の園庭を駐車場として開放してくれていて、無事停める事ができました。

ちなみに全て満車の場合は、博物館の向かい側に民間の有料駐車場があるので、そこに停める事が可能です。

入館料

  • 一般:200円
  • 高校生・大学生:100円
  • 中学生以下:無料

安い!さすが県立博物館www

巨大ザメ「カルカロドン メガロドン」の復元模型

入館すると最初に私達を迎えてくれるのが、この巨大ザメ!

カルカロドン メガロドンといって、2500万年前から400万年前に実在した肉食のサメ。

このサメの歯が、埼玉県深谷市で発見。一個体分の歯が揃っていたため、性格な顎の複製模型と、身体の大きさを推測する事ができたそうです。

こちらがその顎の復元模型。

長男は、このサメが見たかったのだそうです。全長12mと言葉ではわかりますが、実際の復元模型を生で見る事で、その大きさを体感したかったみたいですね。

触れる剥製

珍しかったのが、展示されている一部の剥製がさわれる事。

危険な薬剤や材料を使っていないからなんだそうです。

動物によって毛の質が全然違います。

「こっちはゴワゴワしてる!」

「こっちはふわふわで柔らかい!」

秩父の地層と鉱石

生き物だけではなく、地層や鉱石などについても学ぶ事ができます。

最近ゲームのモンスターハンターをやっている甥っ子と次男は

「つるはしで叩いて、鉱石を取り出したいね!」

「これ!ドラグライト鉱石(ゲーム上の架空の石)じゃない!」

と盛り上がっていました。

サメや生き物が目的だった長男ですが、以外にも地層や鉱石にも関心を示し、じっくりと解説文を読んでいました。

他にも恐竜の化石や

アケボノゾウの化石なども展示されていました。

埼玉県立自然の博物館 施設情報

  • 自然の博物館 ホームページ
  • 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1417-1
  • TEL:0494-66-0404
  • 開館時間:午前9時〜午後4時30分(7・8月は午後5時まで)
  • 休館日:月曜(祝日、振替休日、GW、7・8月、県民の日は開館)12/29〜1/3

この記事はいかがでしたか?

ゴマダレを気に入った方は是非Twitter、facebook、feedly のいずれかをフォローしてください。最新の更新情報を受け取る事ができます。

読者の方が増えると、さらにやる気が出てきます。これからも頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

Twitterをフォロー
facebookをフォロー
feedlyをフォロー