2018年4月16日

伊東の前に熱海駅に立ち寄り、足湯「家康の湯」を朝から満喫【伊豆温泉旅行】#1


今回は春休みの平日3日火曜から木曜を使っての、2泊3日の旅。

テーマはズバリ「温泉と魚介と足湯」

特に足湯は長男が並々ならぬ思いを持っていて、出来る限り沢山足湯に入りたいとのリクエスト。というわけで、火曜の朝5時に出発し、首都高から東名高速、小田原厚木道路を通って伊東市へ!

と、その前に私たちは熱海駅前に立ち寄ったのでした。

スポンサードリンク

午前8時に熱海駅に到着

平日という事もあり、また事故渋滞等もなく道はスムーズ。午前8時には熱海駅前に到着しました。

アクセス 熱海駅

平日の午前8時という事で、人もまばらです。去年旅行で来た時は2月でしたが週末で観光客でごった返していました。

足湯「家康の湯」

駅改札を出て左側にある足湯がこちら、その名も「家康の湯」です。

この足湯は徳川家康が熱海に湯浴みに訪れたという史実から「家康の湯」と名付けられ、平成15年に熱海温泉組合から熱海市へ寄贈。駅前広場の再整備に伴い、平成26年に現在の形になったそうです。

  • 温度:約41度(源泉は68度)
  • 泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物
  • 効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・打ち身・慢性消化器病・冷え性・疲労回復・切り傷・火傷など

 

家康の湯は源泉かけ流し、泉質は申し分ありません。そして何より「無料」というのが素晴らしいですねww

親子四人貸切状態で足湯を楽しみました。

長男:まさか、こんなに早く足湯に入れるとは思わなかったよ。はあ〜、癒される〜

完全にオッサンの感想ですねww

私も、道がスムーズだったといっても2時間運転しっぱなし。運転の疲れを癒やすべく足湯を堪能しました。

じっくり入っていると、足だけではなく全身までポカポカしてきます。

タオルの自動販売機があります

今回私たちは足湯巡りを目指していたので、カバンにはタオルを忍ばせていましたが、用意のない方には、すぐ側にタオル自販機があります。タオルは1枚100円です。

家康の湯 施設情報

  • 静岡県熱海市田原本町11-1(熱海駅前)
  • TEL:0557-86-6218 (熱海市公園緑地課)
  • 利用料:無料

この記事はいかがでしたか?

ゴマダレを気に入った方は是非Twitter、facebook、feedly のいずれかをフォローしてください。最新の更新情報を受け取る事ができます。

読者の方が増えると、さらにやる気が出てきます。これからも頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

Twitterをフォロー
facebookをフォロー
feedlyをフォロー