2018年5月9日

やっと伊東市へ!伊豆高原駅前の足湯「美足の湯」へ行ってきたよ【伊豆温泉旅行】#6


熱海駅を後にして、私達が向かったのは、次なる足湯のある伊豆高原駅です。

スポンサードリンク

熱海駅から伊豆高原駅まで

熱海駅から伊豆高原駅まで、だいたい車で1時間くらいだったと思います。

私たちは、やまもプラザ前の有料駐車場に停車しました。

後で確認してみたら、こちらにも有料駐車場が。

美足の湯へ行くのであれば、こちらの有料駐車場からの方が少しだけ近いですね。

ともあれ無事到着です。

築城石

やまもプラザを抜けると、大きな石が。

こちらはお城の石垣に使われた石。

江戸城の石垣は、主に伊豆の自然石が用いられたんだそうです。ちなみに作ったのは主に加藤清正公だったとか。

加藤清正公って築城の名手とも言われていましたもんね。

観光客向けに、試しに引っ張る事ができるようになっていました。

うちの子二人で頑張ってみますが、当然ピクリとも動きませんwww

長男:何ニヤニヤ写真撮ってるの!父ちゃんも手伝ってよ!

次男:そうだよ!父ちゃんと一緒ならきっと動くから!!!

いやいや絶対に動かないからwwww

足湯「美足の湯」

その石のすぐ近くに、目的の足湯「美足(おみあし)の湯」がありました。

泉質は、ナトリウム・カルシウム一塩化物・硫酸塩温泉(低張性、弱アルカリ性、高温泉)。

温度調整は一切行っていないとの事ですが、丁度いい温度でした。

足湯スペースはこんな感じです。熱海駅の家康の湯と比べると、利用できる人数は少なめになりますね。

熱海駅とはうって変わって、のどかな駅前ですが、それでも多くの観光客が入れ代わり立ち代わり、足湯を楽しんでいました。

私達家族もまったり。ただ次男だけは

次男:ぼく、もう足湯飽きた

と、足湯のまわりをフラフラ散歩しておりました。まあ普通の小学生は足湯巡りにテンションは上がらないよねww

私のとなりで幸せそうに足湯を満喫している小5の長男。我が息子ながらちょっと変わっておりますなwww


この記事はいかがでしたか?

ゴマダレを気に入った方は是非Twitter、facebook、feedly のいずれかをフォローしてください。最新の更新情報を受け取る事ができます。

読者の方が増えると、さらにやる気が出てきます。これからも頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

Twitterをフォロー
facebookをフォロー
feedlyをフォロー