2018年4月18日

熱海ビーチライン(熱海海岸自動車道)に乗るべき?【伊豆温泉旅行】#2


参考記事:伊東の前に熱海駅に立ち寄り、足湯「家康の湯」を朝から満喫【伊東温泉旅行】#01

今回は熱海ビーチライン(熱海海岸自動車道)を使わずに熱海駅に行きました。

スポンサードリンク

アクセス 熱海ビーチライン(熱海海岸自動車道)

熱海ビーチライン(熱海海岸自動車道)とは

熱海ビーチライン(あたみビーチライン)は、神奈川県と静岡県県境付近の門川交差点から、静岡県熱海市東海岸町(お宮の松)付近に至る、延長6.1kmの観光有料道路(一般自動車道)である。正式名称は熱海海岸自動車道。

熱海ビーチライン(熱海海岸自動車道)は使うべき?

通行料金は普通自動車で300円。たった6.1kmの距離に使うのはもったいないという考えもありますし、並行して存在する国道135号線とたいして距離が変わらない為、あまり時間の短縮にもなりません。

しかも週末や夏場のシーズンピークなどは熱海ビーチラインの方が渋滞し、135号線の方が比較的スムーズに走る場合もあります。

今回は平日、しかも朝早くという事もあり、国道135号線はは非常に空いていたので、熱海ビーチラインは使わずに熱海駅に向かいました。

先程、距離はあまり変わらないと書きましたが、勾配とカーブの多さには大きな差がありました。

目を覚ましていた奥さんと息子たちは、カーブを曲がる度に「ううう、気持ち悪い、、」と言い出し、完全に車酔いを起こしていました。

距離や時間の短縮にはなりませんが、小さいお子さんを連れての家族旅行の場合では、少しでも車酔いにならないように、熱海ビーチラインを使っておいたほうが良かったと思いました。


この記事はいかがでしたか?

ゴマダレを気に入った方は是非Twitter、facebook、feedly のいずれかをフォローしてください。最新の更新情報を受け取る事ができます。

読者の方が増えると、さらにやる気が出てきます。これからも頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

Twitterをフォロー
facebookをフォロー
feedlyをフォロー