2018年5月12日

地魚を大満喫!伊豆高原の回転寿司 魚磯さんでランチしてきました【伊豆温泉旅行】#8


参考記事:伊豆高原駅から徒歩約25分、城ヶ崎海岸にある橋立つり橋に行ってみました【伊豆温泉旅行】#7

伊豆高原駅から橋立つり橋まで往復約50分ほど歩いた事で、お昼にちょうどいい時間帯になり、カロリーも消費してお腹もいい感じにペコペコなったので、予定していた回転寿司のお店に向かいました。

スポンサードリンク

アクセス 回転寿司 魚磯

伊豆高原駅から車で135号線を北に約10分ほど。右手にあります。

春休みシーズンでしたが平日という事もあり、また時間も読めなかったので予約せずにお邪魔しました。

ちなみに道の向かい側は伊豆高原ビール本店があり、お土産とレストランがあります。

昼の12時30分ぐらいで、テーブル席がよかったのですが、そちらは満席だったのでカウンターを案内してもらいました。

お皿は9種類

回転寿司のお皿の価格は以下の9種類になります。

  • 108円皿
  • 216円皿
  • 294円皿
  • 357円皿
  • 397円皿
  • 432円皿
  • 500円皿
  • 540円皿
  • 648円皿

全て税込みです。※2018年4月の時点での料金になります。

地魚を中心にお寿司を満喫

青魚が大好きな私と奥さんは、こちらの地アジ(357円)を堪能。

当然ですが100円均一皿が基本の全国チェーン店の回転寿司とは比べ物にならない美味しさです。

鮮度が違いますし、職人さんが握ったいわば本物のお寿司ですからね。普段チェーン店ばかりの長男は軽く感動しておりましたww

奮発して生車海老(540円)もいただきました!うまし!!!

近海まぐろ(397円)にはマグロ好きの長男も大満足!何皿も食べておりました。

生サーモン(294円)も美味しい。基本的に、どのお寿司もネタが大きめでボリューム満点です。

こちらが変わり種の地魚、シイラの握り(294円)独特の食感でした。

そして、こちらがうっかりスッカリ忘れてしまった、地魚さん。確か白身のトロと書かれていたような気がします。こちらも今まで食べたことのない不思議な食感とお味でした。

お寿司は全て「わさび抜き」なので、子供も気兼ねせずいただく事ができます。

ちなみに生魚が大の苦手な次男は、厚焼たまご(108円)を2皿とデザートのアイスクリームで満足してくれました。

せっかくの旅なので、お寿司が大好物の奥さんと長男には好きなだけ食べてもらいました。

お腹いっぱい食べましたが、この美味しさとボリュームを考えると非常に良いコスパだと思います。

回転寿司 魚磯 店舗情報

  • 静岡県伊東市富戸1103-71
  • TEL:0577-33-6607
  • 営業時間:午前11時〜午後9時

この記事はいかがでしたか?

ゴマダレを気に入った方は是非Twitter、facebook、feedly のいずれかをフォローしてください。最新の更新情報を受け取る事ができます。

読者の方が増えると、さらにやる気が出てきます。これからも頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

Twitterをフォロー
facebookをフォロー
feedlyをフォロー

プロフィール

サムリ
サムリ
父ちゃん。フリーランス。

おにぎり
おにぎり
長男。小学5年生。猪突猛進の方向音痴。マイクラでは毎度毎度迷子にw
からし
からし
次男。小学2年生。リアルでは聞き分けが良いのですが、ゲームでは何故か超ワガママ
ブログ更新通知アカウント


人気記事ランキング

熱海ビーチライン(熱海海岸自動車道)に乗るべき?【伊豆温泉旅行】#2
伊豆アニマルキングダム、プレイゾーンにある「恐竜が棲む森」に入ってみたよ【伊豆温泉旅行】#21
まる天 熱海店で磯揚げ、たこ天と生姜れんこん天をいただきました【伊豆温泉旅行】#5
熱海駅前「熱海仲見世通り商店街」と「熱海駅前平和通り商店街」を散策、顔出しパネルに手湯を発見【伊豆温泉旅行】#4
やっと伊東市へ!伊豆高原駅前の足湯「美足の湯」へ行ってきたよ【伊豆温泉旅行】#6
熱海駅前の有料駐車場は2ヶ所、長時間滞在ならタイムズ ラスカ熱海【伊豆温泉旅行】#3
地魚を大満喫!伊豆高原の回転寿司 魚磯さんでランチしてきました【伊豆温泉旅行】#8
国の天然記念物!伊豆高原の大室山にリフトで登ってきました【伊豆温泉旅行】#9
伊豆アニマルキングダム、アニマルゾーンからプレイゾーンへの移動は無料のロードトレインがオススメ【伊豆温泉旅行】#19
伊東駅から徒歩5分、炭家くろべえさんでディナー!お肉と魚を炭火で味わえるお店【伊豆温泉旅行】#12
家族で伊東に温泉旅行に行ってきたので、いろいろとまとめていきます【伊豆温泉旅行】
お風呂好きの宿「大東館」にチェックイン、まずは部屋を紹介します【伊豆温泉旅行】#10
伊東の前に熱海駅に立ち寄り、足湯「家康の湯」を朝から満喫【伊豆温泉旅行】#1