2017年9月20日

脱豆腐!窓をつけて外観にメリハリ、室内に開放感と明るさを【マイクラPE】#37


建築で脱豆腐をするためのポイント、第四弾。

窓をつけるだけでも外観にメリハリが出てきます。

スポンサードリンク

窓の位置

外の様子が見えるように、窓は下から2ブロックの高さに作ると良いでしょう。

ただ穴を開けるだけだと外からスケルトンに射抜かれるリスクがあります。ガラス板で窓ガラスを設置しましょう。

ガラス板の作り方

ガラス板を作るには、まず砂をかまどで精錬し、ガラスを作ります。

さらにガラス6個で作業台でガラス板16枚を作る事ができます。

ガラスもガラス板も破壊するとなくなってしまうので、扱いには十分注意してください。

まわりに砂がなければ柵でもOK

周りに砂がまったくない場合もあるかもしれません。そんな時は木の柵で代替する事が可能です。

木の柵は、木材4個と棒2個で、3個作る事ができます。


プロフィール

サムリ
  • サムリ
  • 埼玉県三郷市在住。フリーランス。小4と小1の男の子の父。ミニチュアダックス(10才)のモカを溺愛
  • 2016年10月現在月間12万PVの地域情報ブログ「三郷ぐらし」の編集長
個人アカウント


ブログ更新通知アカウント

週間人気記事ランキング

月別アーカイブ

リンク