2018年5月15日

買ったばかりのテントの設営と片付けの練習をしてきました、やっぱり初心者は練習した方がいいね【アウトドア】


参考記事:初心者にオススメ、インナーシートとグランドシートがセットになったテント「タフワイドドームⅣ/300スタートパッケージ」を購入【アウトドア】

買ったばかりの大型テント。設営と片付けの練習をしに近所の公園に行ってきました。

スポンサードリンク

購入したテントはこちら

テントの設営と片付けの練習をすべき理由

キャンプはやる事がいっぱいだから時間読みが大切

キャンプは到着してすぐは、やる事がいっぱいです。キャンプ場に着いたら、荷降ろしをし、テントを設営し、キッチンとダイニング環境を整えて、時間によってはそのまま料理の準備に入らないといけません。

どれくらいの時間でテントを設営できるのか、把握していないとその後のスケジュールがドンドン遅れていってしまいます。

テントの設営時間を把握するためには事前に練習しておくしかありません。

練習すれば設営時間が短縮できる

そして事前に練習しておけば、確実に設営時間は短縮できます。

どの道具を先に出せばいいのか、どの部品がどこに必要なのか。一度経験しておくだけで、格段に段取り力は違ってくるはずです。

余計なゴミをキャンプ場に持ち込まずに済む

買ってすぐの状態だとポールやペグなどの細かい部品がビニール袋に入っている事があります。中にはビニール袋をそのまま使い続けたほうがいい部品もありますが、ほとんどはゴミとなります。

キャンプ場によってはゴミの分別が非常に細かったり、ゴミは全て持ち帰らないといけない場合もあります。

キャンプ中になるべく余計なゴミを出さないためにも練習で全ての道具や部品を出しておくことは大切だと思います。

キャンプ場でスムーズに設営できるとカッコイイww

キャンプ場で、説明書片手に設営にもたつくお父さんと、サッサとスムーズに設営できるお父さん。

どちらがカッコイイかは言うまでもありませんね。子供からの尊敬の眼差しを得るためにも、練習は大事です。

練習者のスペック

今回テントの設営は、私一人で行いました。できればテントの設営は2人以上いるとスムーズなのですが、こちらのテント「一人でも設営可能」という触れ込みだったので、その真意を確かめる意味で、あえて一人で行いました。

家族四人でキャンプは複数回経験していますが、その全てがログハウスでの宿泊です。

私個人は独身時代に、友人達とキャンプの経験が複数回あります。しかし私は常に「料理担当」だったので、キャンプ場に着くと、キッチンの設営や火おこしなどを行い、テントの設営は友人達が常に行っていたので、実はあまり経験がありません。

アウトドアの経験はあっても、実はテントの設営については限りなく初心者に近い状態です。

それではテント設営スタート!!

グランドシートを設置

というわけで、テント設営スタートです。

まずはグランドシートを敷きます。

グランドシートの位置でテントの配置が決まるので、このタイミングでキッチンとダイニングのスペースの目算もしておくべきですね。

インナーテントの設営

続いて、インナーテントを広げます。

メインポールを2本組んで、インナーテントのスリープに通します。

通しました。

次に、このメインポールをの端をインナーテントの端にある、アシストクリップに差し込みます。

差し込むのはリア側からです。

これが一人ではなかなか一苦労。この日は風が強かったという事もあり、できれば他の人に立ち上がりそうなインナーテントが倒れないように、メインポールを支えて欲しかったです。

まあ、それでもなんとか一人で出来ました。

続いて、メインポールをフックにかけて固定。

続けてフロントポールを組んで、セットします。

リアバイザーポールもセット。

ペグを打ってテントを固定します。

フライシートをかぶせる

リッジポールをフライシートに通して、インナーテントの上に被せていくのですが、これが一番大変でした。

この作業も2人いると楽ですね。ここでかなりもたつきました。

後はフライシートにロープを張れば完成ですが、今回はこの日の時間の都合上割愛しました。

インナーシートを敷いてみた

最後にテント内にインナーシートを敷いて、この日は完成です。

テント設営と片付けにかかった時間

今回のテントの設営にかかった時間はズバリ1時間。子供達とお喋りしながら、そしてブログ用に撮影しながらというのもありますが、それでもフライシートのロープ張りを端折ってこの時間です。

今回の練習で段取りを把握できてて、さらにメインポール立てと、フライシートのかぶせを奥さんに手伝ってもらうと考えると、当日は40分前後でいけるんじゃないでしょうか。

片付けも一人で行いましたが、こちらは約50分ほどかかりました。

個人的に設営と片付け共に、もっと短い時間でできると思っていたので、その差を知る事ができたのは、とても有益でした。

初心者は、練習すべきですね。


この記事はいかがでしたか?

ゴマダレを気に入った方は是非Twitter、facebook、feedly のいずれかをフォローしてください。最新の更新情報を受け取る事ができます。

読者の方が増えると、さらにやる気が出てきます。これからも頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

Twitterをフォロー
facebookをフォロー
feedlyをフォロー

プロフィール

サムリ
サムリ
埼玉県三郷市在住。フリーランス。小5と小2の男の子の父。ミニチュアダックス(11才)のモカを溺愛

個人アカウント


ブログ更新通知アカウント

人気記事ランキング

焚き火を愛する全ての男達よ!直火禁止を「ユニフレームのファイアスタンド」で切り抜け、思う存分焚火を堪能せよ!【アウトドア】
「グリーンパークふきわれ」利用時の買い出しはベイシア 沼田モール店がオススメ【アウトドア】【沼田・川場キャンプ旅行】#8
「グリーンパークふきわれ」でファイヤーパフォーマンスが開催されるという事で皆で観てきたよ【アウトドア】【沼田・川場キャンプ旅行】#10
肌寒い6月のキャンプという事で温かい豚汁を作りました【アウトドア】【沼田・川場キャンプ旅行】#9
前日に漬け込んでおくだけ!BBQで楽しむタンドリーチキンの作り方【アウトドア】
一体どれがいいのか?大人数用クッカーセット5種を徹底比較【アウトドア】
買ったばかりのテントの設営と片付けの練習をしてきました、やっぱり初心者は練習した方がいいね【アウトドア】
キャンプ場「グリーンパークふきわれ」に到着、施設や雰囲気をご紹介【アウトドア】【沼田・川場キャンプ旅行】#7
那須高原のキャンプでの食料調達はスーパーダイユーで決まり【アウトドア・那須高原キャンプ旅行】#7
エアーマットを実際に使ってみた感想、果たして奥さんは眠る事ができたのか?【アウトドア】
細かい道具の収納の為アイリスオーヤマのバックルコンテナを購入【アウトドア】
WILD-1 越谷レイクタウン店に行ってみた【アウトドア】
【前編】はじめてのテントキャンプ反省会〜次のキャンプのクオリティ向上のために〜【アウトドア】
テントの前室をキャノピー(天蓋)として使う為にキャノピーポールを購入、試してみました【アウトドア】
我が家のキャンプの記録【アウトドア】