2018年5月23日

細かい道具の収納の為アイリスオーヤマのバックルコンテナを購入【アウトドア】


調理器具や食器など、細かいアウトドアグッズを収納するために、近くのホームセンターでアイリスオーヤマのバックルコンテナを購入してみました。

スポンサードリンク

アイリスオーヤマのバックルコンテナ

今回購入したのは以下の2種類です。

バックルコンテナ BL-13

寸法は、約45×29.5×16cm

バックルコンテナ BL-21

寸法は、約45×29.5×26cm

今回バックルコンテナを購入した理由

今までは奥にあるボックスを使っていました。(ちなみにこちらもアイリスオーヤマ)

この中には、包丁やおたま、菜箸、ラップ、アルミホイル、スプーン、フォーク、紙コップ、紙皿、マグカップ、新聞紙、たわし、などなど細々したものが入っていました。

しかし

  • 徐々に道具が増えてボックス1つでは収まりきらなくなってきた
  • 1つのボックスに詰め込んでいるので道具の出し入れに手間がかかる
  • ボックスの中が煩雑になりがち

以上の事から、用途によって細分化できるよう複数のコンテナを購入しようと思った次第です。

合計4つのコンテナを購入。

それぞれの用途や道具の種類ごとに分けて収納しました。

内訳は

  • 低い方のコンテナA:紙皿や紙コップ、アルミ皿、割り箸など
  • 低い方のコンテナB:まな板、包丁、おたま、菜箸、アルミホイル、ラップなど
  • 高い方のコンテナA:なべ、フライパン、ケトル
  • 高い方のコンテナB:ゴミ袋、掃除用のブラシ、たわし、洗剤、ガムテームなど

となっています。

購入して良かった事

  • 用途ごと、種類ごとに分ける事ができたので道具の出し入れが簡単になった
  • 写真のように重ねる事ができるので、車に積み込みやすい
  • 1個の大きさがそれほどでもないで、子供達に手伝ってもらう事ができるようになった

中身が分かるように、テプラで名称を貼っておくとさらに使い勝手が良くなります。

また、さらに道具が増えてきたら、同じ規格のコンテナを増やしていけばいいので楽ですね。

ちなみに、前まで使っていたボックスは捨てずに、もっと大きめの道具を入れておくためのものとして、今後も使っていく予定です。


この記事はいかがでしたか?

ゴマダレを気に入った方は是非Twitter、facebook、feedly のいずれかをフォローしてください。最新の更新情報を受け取る事ができます。

読者の方が増えると、さらにやる気が出てきます。これからも頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

Twitterをフォロー
facebookをフォロー
feedlyをフォロー

プロフィール

サムリ
サムリ
埼玉県三郷市在住。フリーランス。小5と小2の男の子の父。ミニチュアダックス(11才)のモカを溺愛

個人アカウント


ブログ更新通知アカウント

人気記事ランキング

焚き火を愛する全ての男達よ!直火禁止を「ユニフレームのファイアスタンド」で切り抜け、思う存分焚火を堪能せよ!【アウトドア】
キャンプでタコパーしたいと長男が言うので、たこ焼きプレートを購入、これ普段使いでも最高なヤツだよ!【アウトドア】
エアーマットを実際に使ってみた感想、果たして奥さんは眠る事ができたのか?【アウトドア】
細かい道具の収納の為アイリスオーヤマのバックルコンテナを購入【アウトドア】
コールマンのパワーハウスLPツーバーナーストーブIIを購入!開封の儀をおこなってみた【アウトドア】
買ったばかりのテントの設営と片付けの練習をしてきました、やっぱり初心者は練習した方がいいね【アウトドア】
ミニテーブルをキャンプに持っていったら思った以上に便利だった件【アウトドア】
家族連れのアウトドア初心者に「キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原」をオススメする7つの理由【アウトドア】
テントの前室をキャノピー(天蓋)として使う為にキャノピーポールを購入、試してみました【アウトドア】
テントで眠れるか自信がないという奥さんのためにエアーマットを購入しました【アウトドア】
ロゴスのヒップカーゴ、カラビナ付きを購入!作業の邪魔にならないのでいい感じです【アウトドア】
那須高原のキャンプでの食料調達はスーパーダイユーで決まり【アウトドア・那須高原キャンプ旅行】#7
一体どれがいいのか?大人数用クッカーセット5種を徹底比較【アウトドア】
コールマンのクーラーボックス「エクストリームホイールクーラー/50QT」を購入したよ【アウトドア】
我が家のキャンプの記録【アウトドア】